So-net無料ブログ作成

首相動静(6月10日)(時事通信)

 午前8時現在、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。朝の来客なし。
 午前8時41分、同ホテル発。「国会会期を延長しない方向か」に「…」。同48分、官邸着。同49分、執務室へ。同58分、同室を出て、同59分、大会議室へ。同9時、口蹄(こうてい)疫対策本部開始。
 午前9時8分、同本部会合を途中退席し、同9分、官邸発。同15分、東京・平河町の撮影スタジオ「麹町スタジオ」着。党広報用写真撮影。安住淳民主党選対委員長同席。
 午前11時14分、同所発。同20分、官邸着。同21分、執務室へ。
 午後0時3分から同11分まで、寺田学首相補佐官。同12分、執務室を出て首相会議室へ。同13分、仙谷由人官房長官、枝野幸男民主党幹事長が入った。同27分、樽床伸二民主党国対委員長が加わった。
 午後0時59分、全員出た。同1時、首相会議室を出て執務室へ。同2分、仙谷官房長官、民主党の枝野幹事長、菊田真紀子衆院議員が入った。同5分、枝野、菊田両氏が出た。同18分、阿久津幸彦首相補佐官が加わった。
 午後1時35分、仙谷、阿久津両氏が出た。
 午後2時、執務室を出て、同1分、小ホールへ。同2分から同20分まで、各府省事務次官への指示。同21分、小ホールを出て執務室へ。
 午後2時35分から同3時5分まで、全国知事会長の麻生渡福岡県知事ら。仙谷官房長官、逢坂誠二首相補佐官同席。同9分、執務室を出て特別応接室へ。同10分から同24分まで、北朝鮮による拉致被害者家族と懇談。仙谷氏、中井洽拉致問題担当相ら同席。同25分、同室を出て執務室へ。
 午後4時、執務室を出て、同1分、大会議室へ。同2分から同35分まで、新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。
 午後4時36分、大会議室を出て南会議室へ。同37分から同58分まで、在京民放5社解説委員らと懇談。同59分、同室を出て執務室へ。
 午後5時6分、執務室を出て小ホールへ。同7分から同34分まで、内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。同35分、同ホールを出て執務室へ。
 午後5時50分から同6時6分まで、韓国の李明博大統領と電話会談。仙谷、福山哲郎正副官房長官、外務省の藤村修副大臣、斎木昭隆アジア大洋州局長同席。
 午後6時24分、執務室を出て特別応接室へ。同25分から同28分まで、報道各社のインタビュー。「参院選の獲得目標に掲げた50議席では、単独過半数に達しないが」に「第1段階としては、6年前の獲得議席を一つの第一目標にしていきたい」。同29分、同室を出て執務室へ。同35分、福山官房副長官が入った。同49分、寺田首相補佐官が加わった。同57分、福山、寺田両氏が出た。同7時2分から同14分まで、寺田氏。同17分、同室を出て、同19分、官邸発。同20分、公邸着。
 午後7時21分から同46分まで、伸子夫人とともに下見。同47分、公邸発。同56分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。
 11日午前0時現在、宿泊先のホテルニューオータニ。来客なし。
(了)

<参院選>目標議席、現有54基準に 細野幹事長代理(毎日新聞)
「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
<ステロイド外用剤>アトピー性皮膚炎の薬 怖いイメージは誤解(毎日新聞)
ケアプランの自己作成率、要介護者の0.01%(医療介護CBニュース)
<野口宇宙飛行士>水のありがたさを実感 帰還後初の会見で(毎日新聞)

<普天間移設>首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を巡り、今月末に決める政府方針について「最終的に当然のことながら、閣議で何らかのことを決めていかなければならない」と述べ、閣議決定か、閣議了解の形で、政府の意思決定を行う考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

 これに対し、沖縄県を訪問した社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は25日、稲嶺進名護市長との会談で「閣議決定、閣議了解でサインはしない」と述べ、署名を拒否する考えを改めて強調した。

 政府方針を巡る首相と社民党との対立は深刻化しており、福島氏は26日にも連立維持か離脱かの判断について党内の最終調整に入る意向だ。

 福島氏は25日、仲井真弘多沖縄県知事と沖縄県庁で会談。米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への移設に反対の意向を伝え、「沖縄とも(連立)3党とも合意がなく、日米共同声明になるという手続きそのものがおかしい」と強調。県側との共闘を呼び掛けた。

 仲井真知事は「県民の納得がいく形での解決策を閣内でまとめてほしい」と述べ、政権内での意思統一を求めた。その後、会談した稲嶺市長も「社民党に頑張っていただき、首相が公約通り『県外、国外(移設)』を実現できるよう支援をお願いする」と要請。伊波洋一宜野湾市長からも、移設阻止に向け、連立内での努力に期待する意見が出た。

 福島氏は一連の会談終了後に名護市内で記者会見し、「民意に基づかない合意に実効性はない」と述べ、日米共同声明に「辺野古」という地名が入れば反対する考えを表明。ただ、焦点の連立離脱については「沖縄の人たちと一緒に新たな基地の建設をしないよう頑張り抜く。それをやる限り信頼を得られる」と語り、当面は連立の枠内で県内移設阻止に向けた動きをしていく考えを示唆した。

 社民党は26日、福島氏の沖縄訪問を受け、普天間問題を巡る党方針を協議する。党内には、連立離脱について「政権の中でいる時の仕事量と野党の仕事量は全然違う。離脱すれば政策決定に関与できない」(幹部)との慎重論が根強い。政府は普天間代替施設の場所や工法など詳細は今秋に最終決定する方針で、離脱論の先送りムードが強まっている。

 ただ、首相が25日、福島氏が署名を拒否する方針の閣議決定か閣議了解での権威付けを明言したことで社民党が反発することは必至だ。【西田進一郎、横田愛】

【関連ニュース】
北沢防衛相:訪米 国防長官と普天間移設で詰めの協議へ
普天間:「現行案戻らず」 鳩山首相が強調
普天間:社民党が政府案反対方針で一致 福島氏沖縄訪問へ
普天間:クリントン米国務長官 鳩山首相を「称賛」
普天間:首相の辺野古移設表明「オバマ政権の勝利」…米紙

ミス神戸→投資失敗→詐欺容疑 小杉元文相妻の“転落”(産経新聞)
京都霊山護国神社 「龍馬」三年坂など練り歩く(毎日新聞)
無言電話1000回超=損保会社に、容疑で50歳男逮捕―警視庁(時事通信)
口蹄疫 「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難(毎日新聞)
[能古島切断遺体]不明の32歳会社員と判明

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。