So-net無料ブログ作成

普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は10日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、首相が表明する「5月末決着」の先送り論が閣僚から相次いでいることについて、「5月末は私が国民に申し上げている。変えるつもりはない。みんなで『これで行こう』という方向を必ず出したい」と述べ、月内に決着させる考えを改めて強調した。首相公邸前で記者団に答えた。

 この問題の対応を協議するため、同日午前に首相官邸で開く関係閣僚会議については、「今日までの状況をきちっと確認する。最終的な方向をみんなで作り上げる努力の一環だ」と説明した。

【関連記事】
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか
「ルーピー」と書かれた首相
生きていた鳩山首相に強い味方が登場
普天間問題、足を引っ張り合っている場合じゃない
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
首相「公約というのは選挙の時の等の考え方」(産経新聞)
微生物がレアメタル回収 新たな循環型技術(産経新聞)
3月税収2.4%減=主要税目、回復基調に(時事通信)
<としまえん>「フライングカーペット」から少年転落し負傷(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。